横浜市青葉区で慢性便秘に特化した川並鍼灸院

090-3549-8217

定休:土日祝

090-3549-8217

営業時間 9:00〜17:00

予約はお電話
にて受付

腸の炎症と肌のトラブル

腸の炎症と肌のトラブル

 川並鍼灸院院長の川並弘樹です。身体の不調がある方や病気の予防をしたいとお考えの方に、日常生活の中で役に立つ情報を紹介するブログです。今回は「腸の炎症と肌のトラブル」というテーマです。

腸と脳の関係(脳腸相関)は多くの方が知っていると思います。雑誌などでもよく取り上げられていますし、過敏性腸症候群(IBS)のことを調べると脳と腸の関係性を意識するようになる方も多いのではないでしょうか?
今日は腸と皮膚の関係についてお話ししていきます。

興味深い研究があります。小腸内細菌増殖症(SIBO)の患者は健康な人と比べるとニキビに悩まされる人が10倍多いそうです。小腸内細菌増殖症が良くなるとニキビも良くなるようです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18456568

潰瘍性大腸炎患者の14%、クローン病患者の24%は何かしらの皮膚の症状に悩まされているそうです。また、セリアック病患者の1/4は疱疹状皮膚炎、他にも口腔粘膜病変、脱毛症および白斑で苦しむ方が多いようです。

ところで、ニキビなどの肌のトラブルは10代の人達の症状だと思っていませんか?最近では20歳代〜30歳代のニキビのトラブルが大きな悩みの1つとなっています。

10歳代の頃にはニキビはできなかったのに、大人になってからニキビに悩まされるというパターンもあります。

なかなか治らない肌のトラブルの原因には何があるのでしょうか?

慢性的にニキビ、アトピー、蕁麻疹、皮膚の痒み、赤ら顔、シミ、シワなどで悩んでいる方に多いのが「腸の炎症」です。腸の炎症があると、いくら皮膚に薬やクリームなどを塗っても良くなりません、もしくは一時的に良くなるけど、すぐに再発します。なぜかというと肌のトラブルの原因である腸の炎症が改善されていないからです。腸の炎症が慢性化すると、「リーキーガット症候群」に進行します。

https://kawanami-shinkyu.com/2019/03/12/これを治せばあなたは変われます!/

日本人の7割がリーキーガット症候群だと言われています。以下のような症状がある方はリーキーガット症候群の可能性があります。

1、消化器系:ガス、膨満感、下痢、便秘、過敏性腸症候群等、
2、炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病、
3、自己免疫疾患:関節リウマチ、橋本病、セリアック病、乾癬等、1型糖尿病、
4、皮膚疾患:ニキビ、湿疹等、
5、気分の激しい変動:鬱病、心配性、注意欠如多動症/注意欠如多動性障害、自閉症等、
6、食物アレルギー、偏頭痛、慢性疲労、栄養失調、

なぜ腸の炎症が起こるのでしょうか?

その原因には食事(食物アレルギー、炭水化物、砂糖、遺伝子組換え作物、食品添加物、乳製品等)、慢性的なストレス毒素(薬、酒、抗生物質、農薬、水道水等)、腸内環境の乱れによるものなどが考えられます。普段どのような生活をするのかがとても大事だということですね。

特に多いのが「遅延型食物アレルギー」です。私は「隠れ食物アレルギー」と呼んでいます。

https://kawanami-shinkyu.com/2019/02/20/食物アレルギー/

原因となる食物を食べてすぐに症状の出る即時型食物アレルギーとは違い、原因となる食物を食べてから数時間〜数日後に症状が出るというものが遅延型食物アレルギーです。体が反応するのに時間がかかるので、気づかないことが多いのが厄介なところです。

遅延型食物アレルギーを引き起こす代表的なものには乳製品、卵、グルテン(小麦、ライ麦、スペルト小麦、大麦)、大豆、甲殻類、木ノ実などがあります。

私たちが毎日のように食べているものが肌のトラブルの原因になっているかもしれないのです。

リーキーガット症候群を治す方法

1、腸にダメージを与える食物等を取り除く
2、腸に良い食物を摂る
3、サプリメントを使い腸を修復する
4、プロバイオティクスで腸のバランスを整える

1、腸にダメージを与える食物等を取り除く
まずはエリミネーションダイエットであなたの身体に合わない食材を明確にする必要があります。その上でグルテン、レクチン、砂糖、遺伝子組み換え食品、添加物、乳製品等の炎症を引き起こす食物を普段の食事から取り除きます。また水道水、農薬、抗炎症薬、抗生物質も腸にダメージを与えるので、できるだけ摂らないようにします。

2、腸に良い食物を摂る
ボーンブロス(鶏豚牛の骨等から作ったスープ)、発酵食品、ココナッツ食品、身体に良い油(アボカド、ギー、ココナッツ、エクストラバージンオリーブオイル)、オメガ3脂肪酸(亜麻仁油、えごま油、チアシード、ナッツ類、さば、サーモン、ニシン、イワシ)

3、サプリメントを使い腸を修復する
プロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌等):500億CFU以上、
消化酵素:毎食前に1−2粒

4、プロバイオティクスで腸のバランスを整える
1・2・3を続けていくことで腸内のバランスが整い、リーキーガット症候群が修復します。

このステップを続けていくことで、リーキーガット症候群の治療になります。リーキーガット症候群が良くなると腸の炎症が治まります。そうすることでニキビ、アトピー、蕁麻疹、皮膚の痒み、赤ら顔などの症状が治まってきます。

慢性的に皮膚のトラブルがある方で、いろいろな治療をしてきたがよくならないという方はとても多いです。そういう方は上記のステップに挑戦してみてください。腸の炎症が肌のトラブルの原因である可能性が高いからです。

上記のステップを鍼灸治療と一緒に実践していくと、最小限のストレスで肌のトラブルへの治療効果が高まります。

興味のある方はいますぐご連絡ください。
一緒に根本治療を目指しましょう!

予約の取り方

ご予約は、「お電話」・「オンライン予約」・「LINE」のいずれかで取ることができます。

お電話の場合

1

お電話での予約の様子予めお電話いただく日の、12週間先までの予定を確認しておいてください。その方が予約がスムーズです。お身体の状態等の質問をすることがあります。

2

お電話での予約の様子2お電話で予約の場合はこちら090−3549−8217におかけください。オンラインの場合はこちらをクリックして必要事項をご記入ください。RESERVA予約システムから予約する

 

3

お電話での予約の様子3「ホームページを見て予約の電話です」とお知らせください。予約がスムーズになります。

4

お電話での予約の様子3お電話の場合は、その場でご予約を確定いたします。

オンライン予約:こちらのフォームに必要事項を記入し、送信してください。

LINE予約の場合

スマホでご覧の方

▶ 次の「Add friend」(友だち追加) ボタンをタップしてください。

LINE@ Add friend

パソコンでご覧の方

▶ スマホで次の「QRコード」を読み込んで下さい。

LINE@QRコード

▶ LINEアプリが起動して、次の画像が表示されますので「Add」(追加)をクリックします。

LINE友達追加画面

▶ すぐに自動返信メッセージが届きますので、内容を入力しご返信ください。
※なお10分以内に次のメッセージが届かない場合には、お手数ですがお電話にてご連絡ください。

LINE友達追加後画面