横浜市青葉区で慢性便秘に特化した川並鍼灸院

090-3549-8217

定休:土日祝

090-3549-8217

営業時間 9:00〜17:00

予約はお電話
にて受付

糖分摂りすぎてないですか?

糖分摂りすぎてないですか?

 川並鍼灸院院長の川並弘樹です。身体の不調がある方や病気の予防をしたいとお考えの方に、日常生活の中で役に立つ情報を紹介するブログです。今回は「糖分摂りすぎてないですか?」というテーマです。

糖質制限ダイエットなとで糖質の摂取を控えているという方が増えてきていると思います。糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたものです。私も必要以上に糖質を摂取することを控えています。また風邪をひきそうな時や身体の調子が良くない時などには、いつも以上に糖質を控えるようにしています。私の身体にはこの方法がとても合っていると感じています。何しろ調子が良いです。

糖質制限ダイエットを続けている方はきっと私と同じように、身体の変化を感じたり、

身体の調子が良いから続いているのではないでしょうか?

糖質、糖類、糖分の違い。

ところで、糖質制限と言いますが、糖類は糖質とは違うのでしょうか?
同じ意味のような気がしますが。

こちらをご覧ください。

栄養成分表示イメージ|川並鍼灸院

炭水化物の下に糖質、糖類とどちらも書いてあります。どういうことでしょうか?
実は糖質と糖類は同じものではないのです。

まずは糖質から説明します。

炭水化物=食物繊維+糖質
糖質=炭水化物ー食物繊維

うどん、パン、お米などの炭水化物から食物繊維を除いたものを糖質と呼びます。

糖類とはブドウ糖、果糖、砂糖などの単糖類、二糖類のことです。デンプンなどの多糖類、キシリトールなどの糖アルコールは糖類に含まれません。これらは糖質です。そして糖類は糖質の一部なのです。

栄養成分表示を見ると糖質と糖類が別々に書いてあることがあるので、ややこしいですよね。糖質と糖類は別物だと知っていると、納得できます。私たちが普段使っている「白い砂糖」は糖類です。細かくいうと糖質と糖類は違うので、栄養成分表示に糖質と糖類は別々に記載されます。

「糖類、砂糖なし」と言っても「糖質なし」ではありません。糖質制限している方は気をつけないといけないですよね。やはり栄養成分表示をチェックする習慣を身につけた方がいいですね。

糖分という言い方もありますが、これには厳密な決まりはなく、糖質にも糖類にもどちらの意味でも使えるようです。

本当に糖分なし?

「無糖」「糖質ゼロ」「糖類ゼロ」などの表示を目にしますが、本当に糖分はないのでしょうか?

「栄養表示基準制度」というのがあります。それによると、「ゼロ」「無」「ノン」などと表示できる基準として、「食品100g中(または飲料100ml中)の含有量が0.5g未満」と規定されています。無糖といっても必ずしも糖分ゼロとは限らないのです。

どうしてこんなに甘いの?

また、「糖質ゼロ」「砂糖不使用」「カロリーオフ」といっているのに甘くて美味しい食品はたくさんありますよね。なんで甘くて美味しいのでしょうか?

これらの食品にはたいていサッカリン、アセスルファムk、アスパルテーム、ネオテーム、スクラロースなどの「人工甘味料」が使われています。

これらは砂糖の何百倍もの甘みがあります。それでいて砂糖よりもずっと安いのです。しかしこれらは毒性を指摘されていて、健康被害の恐れがあると言われています。

2014年のアイオワ大学の発表によると、「人工甘味料入りのダイエット飲料を1日2杯以上飲む人は循環器疾患のリスクが30%増える」と報告しています。

https://now.uiowa.edu/2014/03/ui-study-finds-diet-drinks-associated-heart-trouble-older-women

ボストン大学の研究では「人工甘味料入りの飲み物は、脳卒中のリスクが2.96倍、認知症(アルツハイマー型)のリスクを2.89倍にする。砂糖入り飲み物では脳卒中、認知症との因果関係は認められなかった。」と報告しています。

https://www.ahajournals.org/doi/full/10.1161/STROKEAHA.116.016027

他にも「人工甘味料入りのダイエットソーダは体重増加のリスクがある。」と報告している研究がいくつもあります。

研究者たちはダイエットソーダは脳を騙していると考えているようです。ダイエットソーダなどに含まれる人工甘味料は、舌では甘さを感じるけれども、脳にはその司令はいかないのです。しかし、脳は甘さの司令が来ると待っています。でもその司令は来ないのです。そうすると脳は満足できずに「もっと食べたい。」と体に司令してしまうのです。そのためもっと食べてしまい、体重が増加してしまうのです。

どのくらい糖を摂取していいの?

アメリカ心臓協会(The American Heart Association)は糖類の摂取量を女性で1日25g(小さじ6杯)以下、男性で1日38g(小さじ9杯)以下にすることを勧めています。世界保健機関(World Health Organization)は糖類の摂取量を1日のエネルギー摂取量の5%未満に制限することを勧めています。これは約25gに相当します。

ちなみに厚生労働省は、糖の摂取量について「総エネルギー摂取量の10%を超えないように推奨」していますが、はっきりと糖類摂取量基準は策定していません。

甘い炭酸飲料のペットボトル(500ml)1本で45〜57gくらいの糖分が含まれています。缶コーヒー1本(190g)で2〜15gくらいの糖分が含まれています。厳密にはどのくらいの糖類が含まれているかはわからないですが、大幅に糖類摂取量基準値を超えている可能性があります。1日に何本も炭酸飲料や缶コーヒーを飲む人は要注意です。

そう考えると、私達は毎日必要量の何倍もの糖類を摂取しているということになります。糖分を摂りすぎると肥満、循環器疾患、糖尿病、癌、高血圧、動脈硬化、認知症、あらゆる慢性病の原因になるなど身体にはいいことはありません。

現代は食べ物がありふれているので、少しお腹が空いたらコンビニエンスストアへ行けばお腹と気分を満たすことができます。

ただ、皆さんは1日にどのくらい糖分を摂取していますか?

ほとんどの方がだいたいの1日の糖分摂取量がとのくらいか知らないはずです。

私が言いたいのは、とても便利な世の中ですが、私達が口にしている物の多くに糖分が含まれているということです。知らず知らずのうちに糖分の過剰摂取となってしまっているのです。

糖分の過剰摂取が続くことで将来考えもしていなかった病気に悩まされるかもしれません。今のうちから予防していくことがとても大事だと思います。まずは糖分を抑えるように努力してみてはどうでしょうか?

最新の食事療法と鍼灸治療で体質改善、根本治療をして、真の健康を手に入れませんか?

興味のある方はいますぐご連絡ください。
一緒に根本治療を目指しましょう!

予約の取り方

ご予約は、「お電話」・「オンライン予約」・「LINE」のいずれかで取ることができます。

お電話の場合

1

お電話での予約の様子予めお電話いただく日の、12週間先までの予定を確認しておいてください。その方が予約がスムーズです。お身体の状態等の質問をすることがあります。

2

お電話での予約の様子2お電話で予約の場合はこちら090−3549−8217におかけください。オンラインの場合はこちらをクリックして必要事項をご記入ください。RESERVA予約システムから予約する

 

3

お電話での予約の様子3「ホームページを見て予約の電話です」とお知らせください。予約がスムーズになります。

4

お電話での予約の様子3お電話の場合は、その場でご予約を確定いたします。

オンライン予約:こちらのフォームに必要事項を記入し、送信してください。

LINE予約の場合

スマホでご覧の方

▶ 次の「Add friend」(友だち追加) ボタンをタップしてください。

LINE@ Add friend

パソコンでご覧の方

▶ スマホで次の「QRコード」を読み込んで下さい。

LINE@QRコード

▶ LINEアプリが起動して、次の画像が表示されますので「Add」(追加)をクリックします。

LINE友達追加画面

▶ すぐに自動返信メッセージが届きますので、内容を入力しご返信ください。
※なお10分以内に次のメッセージが届かない場合には、お手数ですがお電話にてご連絡ください。

LINE友達追加後画面