横浜市青葉区で慢性便秘に特化した川並鍼灸院

090-3549-8217

定休:土日祝

090-3549-8217

営業時間 9:00〜17:00

予約はお電話
にて受付

なんで口内炎ができるの?予防はできるの?

なんで口内炎ができるの?予防はできるの?

 川並鍼灸院院長の川並弘樹です。身体の不調がある方や病気の予防をしたいとお考えの方に、日常生活の中で役に立つ情報を紹介するブログです。今回は「口内炎の治療と予防」というテーマです。

口内炎が1つあると、人と話をしたくなくなったり、食欲がなくなったり、イライラしますよね。それ自体は小さいですが、けっこう生活の質が落ちるんですよね。

どうしたら早く治せるでしょうか?予防はできるのでしょうか?

口内炎は早く治すことができますし、原因がわかれば予防することもできます。

東洋医学では口内炎の原因を胃や肝の熱(胃熱、胃陰虚、肝火)と考えます。治療はこれらの熱を取り除くことが目的となります。暴飲暴食、辛いもの、刺激物、油っこいものを食べないようにします。

ツボは曲池穴、内庭穴、梁丘穴、中脘穴などがよく使われます。

口内炎の種類:

・アフタ性口内炎

一番一般的な口内炎。5mm前後の円形・楕円形で少し窪んだ白い潰瘍。輪郭は赤くはっきりして いて、頰の内側、唇の内側、歯ぐき、舌などにでます。痛みは結構強いです。

・カタル性口内炎

境界がわかりにくく赤く腫れたり水ぶくれができます。痛みはそれほど強くありません。

・ウイルス性口内炎

真ん中が白く、周りが赤い水ぶくれ。輪郭ははっきりしています。こちらもアフタ性口内炎と同じで痛みが強いです。

頬の内側、唇の内側、舌、歯ぐき、喉の奥などにでます。

・カンジダ性口内炎

白いこけ状、ほとんど平坦で境界線はぼやけています。口の中のあらゆる部位にできます。痛みは弱いか感じません。

口内炎の原因:

・アフタ性口内炎

ビタミンB群/ 鉄分不足、亜鉛不足、葉酸不足、睡眠不足、ストレス、免疫力低下、疲労など。

・カタル性口内炎

虫歯、入れ歯や矯正器具の不具合、口の中の傷、やけどなど。

・ウイルス性口内炎

単純ヘルペスウイルス、水痘帯状ヘルペスウイルス、コクサッキーウイルスA群など。

・カンジダ性口内炎

カンジダ菌(真菌)、免疫力が低下した時に発症する。

カンジダ菌はもともと口の中に棲み付いているのですが、健康で免疫力がしっかりしていれば感染することはありません。

・その他

HIVやAIDS、セリアック病、潰瘍性大腸炎、クローン病、べーチェット病などが原因で口内炎が起こることもあります。

自分でできる治療:

1、マヌカハニー:

マヌカハニーには優れた殺菌、抗菌、抗炎症作用があります。マヌカハニーを口内炎に直接塗ると効果的です。

2、ビタミンB群:

特にビタミンB2、B6が不足すると口内炎を起こすと言われています。豚レバー、鶏レバー、牛レバー、うなぎにビタミンB2が多く含まれています。

ビタミンB6は豚レバー、鶏レバー、牛レバー、バナナ、さんまなどに多く含まれています。

ビタミンB12は口内炎の予防に良いという報告もあります。

3、鉄分:

基本は肉、魚、卵、乳製品、果物、野菜、豆類です。
特にレバー、レンズ豆、ほうれん草、インゲン豆、ひよこ豆、イワシ、ひまわりの種、牛肉、羊

4、甘草:

こちらは多くの漢方に入っているものです。痛みの緩和、炎症を抑える、解毒、痙攣を抑える、筋肉の緊張緩和などが期待できます。

筋肉の緊張や痙攣がある時、芍薬甘草湯をよく処方しますが、この甘草のことです。甘味があってとても飲みやすいです。

摂りすぎると血圧を上昇させるので、高血圧の方は注意が必要です。

粉末状の甘草を直接口内炎に塗ると効果的です。

5、アップルサイダービネガー(リンゴ酢):

アップルサイダービネガーは天然の抗生物質と呼ばれています。アップルサイダービネガーに含まれる酢酸には強い殺菌作用があるからです。

アップルサイダービネガーでうがいをすることで菌が死滅することが期待できます。酢酸には善玉菌を増やす作用もあるので、免疫力強化も期待できます。

他にも高血圧、しみ、しわ、むくみ、便秘、疲労回復、糖尿病などに効果的だと言われています。

6、紅茶/緑茶:

ブラックティーやカモミールティーなどの紅茶や緑茶を飲むのはもちろんですが、使い終わった茶葉を捨てずに再利用します。ティーバッグに入った茶葉をそのまま口内炎にあてます。

紅茶や緑茶には殺菌抗菌、抗ウイルス作用があります。口の中の菌やウイルスの増殖を予防することもできます。

紅茶や緑茶でうがいをするのも効果的です。

7、グルテンフリー:

先ほど、原因のところでセリアック病と言いましたが、セリアック病の原因はグルテンです。グルテンはリーキーガット症候群の原因ともなります。リーキーガット症候群になると口内炎になる可能性も増えます。

もし口内炎がしょっちゅうできる方や、口内炎を早く治したければ、グルテンを食べないようにすると早く治るかもしれません。

8、亜鉛:

亜鉛不足も口内炎の原因になります。口内炎ができてしまったら少し多めに摂ってみてください。予防として毎日亜鉛が含まれる食材を食べたり、サプリメントで摂取するのも良いと思います。風邪予防にもなります。

口内炎以外にも亜鉛不足で食欲低下、皮膚炎、味覚障害、脱毛、貧血、感染症にかかりやすいなどの症状がでることがあります。

亜鉛を多く含む食材:
牡蠣、豚レバー、牛肉、卵黄、抹茶、ごまなど。

予約の取り方

ご予約は、「お電話」・「オンライン予約」・「LINE」のいずれかで取ることができます。

お電話の場合

1

お電話での予約の様子予めお電話いただく日の、12週間先までの予定を確認しておいてください。その方が予約がスムーズです。お身体の状態等の質問をすることがあります。

2

お電話での予約の様子2お電話で予約の場合はこちら090−3549−8217におかけください。オンラインの場合はこちらをクリックして必要事項をご記入ください。RESERVA予約システムから予約する

 

3

お電話での予約の様子3「ホームページを見て予約の電話です」とお知らせください。予約がスムーズになります。

4

お電話での予約の様子3お電話の場合は、その場でご予約を確定いたします。

オンライン予約:こちらのフォームに必要事項を記入し、送信してください。

LINE予約の場合

スマホでご覧の方

▶ 次の「Add friend」(友だち追加) ボタンをタップしてください。

LINE@ Add friend

パソコンでご覧の方

▶ スマホで次の「QRコード」を読み込んで下さい。

LINE@QRコード

▶ LINEアプリが起動して、次の画像が表示されますので「Add」(追加)をクリックします。

LINE友達追加画面

▶ すぐに自動返信メッセージが届きますので、内容を入力しご返信ください。
※なお10分以内に次のメッセージが届かない場合には、お手数ですがお電話にてご連絡ください。

LINE友達追加後画面