新宿御苑前駅徒歩5分の自己免疫疾患・慢性便秘に特化した新宿漢方クリニック(鍼灸部門)

03-6273-2209

定休:

03-6273-2209

営業時間 10:00〜19:00

予約はお電話
にて受付

ビタミンCの効果的な摂り方!

ビタミンCの効果的な摂り方!

新宿漢方クリニック(鍼灸部門)主任の川並弘樹です。

身体の不調がある方や病気の予防をしたいとお考えの方に、
日常生活の中で役に立つ情報を紹介するブログです。

今回は
「ビタミンCの効果的な摂り方!」
というテーマです。

以前、ビタミンCが免疫力を強め新型コロナウイルス対策として有効であるというお話をしました。

https://kawanami-shinkyu.com/2020/03/21/新型コロナウイルスとビタミンc/

どのくらい摂取すると良いのかという質問をいくつかいただきました。
予防という意味でのビタミンCの摂取量に関してお話します。

中国では新型コロナウイルスの治療としてビタミンCが有効であると証明する研究がでています。

それによると、
中等度から重度の感染者に対し、ビタミンCを大量に投与する、
「超高濃度ビタミンC点滴療法」を7日〜10日連続で実施いるそうです。

ビタミンCの量というと10,000mg〜20,000mgです。

かなり大量に感じるかもしれないですが、癌治療として使う時にはさらに大量のビタミンCを点滴します。

この点滴療法を受けた感染者は全員回復傾向にあり、死者は1人もいないそうです。

新型コロナウイルスの予防としてのビタミンCの摂取量は
だいたい「3000mg/ 1日」を目安にしてください。

タブレットやパウダー状のものを口から摂る場合です。

調子が悪くなくても、特に今は予防としてこのくらいは必要だと思います。

ちょっと風邪ひきそうな感じがある時は「5000〜7000mg/ 1日」くらいです。

普段は500mgを1時間ごとくらいに飲みます。

結局忙しかったりすると1時間ごとには飲めないので、時間はあまり気にしないでください。

一応目安です。

風邪の症状(発熱、咳、関節痛など)がでてきた場合、1000mgを30分ごとにのみます。

だいたい8000〜10,000mgくらいで下痢になります。

この場合の下痢は良い下痢です。

昔は浣腸で熱を下げましたが、それと同じ考えです。

体内の悪いものを排出するということです。

この下痢になった時のビタミンCの量が、その人の1日の最大量です。

副作用として腹痛、ガス、下痢があります。

私は空腹時に摂取すると腹痛が起こることがあります。

もしそのようなことがあったら一口何か食べてから摂ってください。

温かい飲み物と一緒に飲むのも大事です。

しっかり予防するためには多めにビタミンCを摂取する必要があります

今からでも遅くはないです。

ビタミンCであなたとあなたの家族を守ってください。

予約の取り方

ご予約は、「お電話」・「オンライン予約」・「LINE」のいずれかで取ることができます。

お電話の場合

1

お電話での予約の様子予めお電話いただく日の、12週間先までの予定を確認しておいてください。その方が予約がスムーズです。お身体の状態等の質問をすることがあります。

2

お電話での予約の様子2お電話で予約の場合はこちら090−3549−8217におかけください。オンラインの場合はこちらをクリックして必要事項をご記入ください。RESERVA予約システムから予約する

 

3

お電話での予約の様子3「ホームページを見て予約の電話です」とお知らせください。予約がスムーズになります。

4

お電話での予約の様子3お電話の場合は、その場でご予約を確定いたします。

オンライン予約:こちらのフォームに必要事項を記入し、送信してください。

LINE予約の場合

スマホでご覧の方

▶ 次の「Add friend」(友だち追加) ボタンをタップしてください。

LINE@ Add friend

パソコンでご覧の方

▶ スマホで次の「QRコード」を読み込んで下さい。

LINE@QRコード

▶ LINEアプリが起動して、次の画像が表示されますので「Add」(追加)をクリックします。

LINE友達追加画面

▶ すぐに自動返信メッセージが届きますので、内容を入力しご返信ください。
※なお10分以内に次のメッセージが届かない場合には、お手数ですがお電話にてご連絡ください。

LINE友達追加後画面