新宿御苑前で自己免疫疾患に効く鍼灸なら新宿漢方クリニック(鍼灸部門)

03-6273-2209

定休:

03-6273-2209

営業時間 10:00〜19:00

予約はお電話
にて受付

自律神経失調症

自律神経とは?

自律神経は、自分の意思とは無関係に24時間働いて私たちの体の機能の
バランスをコントロールしています。

筋肉や関節は自分の意思で動かすことができます。

しかし、生きていく上でとても大事な呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖などの
機能は自分の意思でコントロールすることができません。
この自分の意思でコントロールできない部分をコントロールするのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、常に体のバランスを保つようにお互いに影響しあいながら働いています。

交感神経とは?

交感神経は基本昼間、活動時、緊張時に活発になります。
例えば、会社のミーティングで大勢の人の前で発表するときは、
心臓の拍動や呼吸が早くなり、緊張のため発汗、筋肉の緊張がみられます。
このように身体が活動的になっている時は、交感神経が優位な状態になっています。

副交感神経とは?

逆に、夜間、睡眠時、食事中、リラックスしているとき、排便中は副交感神経が優位になっています。
リラックスしている時は、心臓の拍動や呼吸がゆっくりになり、筋肉の緊張も緩みます。

交感神経と副交感神経の作用

交感神経 副交感神経
瞳孔 大きくなる 小さくなる
心臓 早くなる ゆっくりになる
呼吸 浅く早くなる 深くゆったりする
体温 上昇 低下
血圧 上がる 下がる
胃腸運動 動きが減る 動きが増える
胃液 減る 増える
唾液 減る 増える
涙腺 涙の分泌が減る 涙が増える
神経 興奮する 静まる

自律神経失調症から生じる代表的な症状?

  • 慢性的な疲労
  • だるさ
  • めまい
  • 頭痛
  • 動悸
  • 不眠
  • 便秘
  • 下痢
  • 耳鳴り
  • のぼせ
  • ほてり
  • 冷え性
  • イライラ
  • 不安感
  • 落ち込みやすい
  • うつ傾向
  • 感情の起伏が激しい
  • 生理痛
  • 生理不順
  • 更年期障害
など。

これらの症状が単独で出現することもありますし、複数の症状が出現したりします。

自律神経失調症に対する当院の治療法

自律神経失調症の方に対する治療には鍼灸がとても効果的です。
症状がいつから出ているか、薬は服用しているか、どのような食事をしているか、
普段のストレス量、性格などの違いによって改善の仕方には個人差があります。
珍しいケースではありますが、3回の治療で全ての不調が改善することもあります。
しかし、私が診るケースではほとんどが慢性的に不調を抱えている方々です。
このような場合は、数回の治療で全て解消するということは難しいです。
特に気持ちが落ち込んでいてマイナス思考になっている時に無理に気持ちをあげようとして、
強い刺激をするとかえって症状は悪化します。
焦らずに、丁寧に定期的に施術をしていくと、体調は必ず良い方へ向かい、気持ちも安定してきます。

たまに鍼灸施術を受けても何も変わらないという方がいらっしゃいます。
鍼灸施術を2〜3回受けて全く何も変わらない、症状がひどくなってきている、
または全くリラックスすることができないという場合はご遠慮なくご相談ください。

当院での自律神経を整える方法として、全身の鍼灸治療をしています。
まずは仰向けで、両腕、両脚、お腹のツボを使っていきます。
ツボによって鍼、灸を使い分けていきます。
特に体の冷えの強いところや弱っているところにはお灸をよく使い、
緊張や張りの強いところには鍼を使うことが多いです。

腕、脚、お腹には

「大衝、内関、期門」などの気持ちを落ち着け緊張を緩和するツボ
非表示のコンテンツ
「足三里、合谷、天枢」など便の調子を整えるツボ
非表示のコンテンツ
「血海、曲池、気海」などの循環をよくするツボ
非表示のコンテンツ
「三陰交、血海、関元」など生理の不調に効果的なツボ
非表示のコンテンツ
「足三里、太淵、気海」など気力を出させるツボ
非表示のコンテンツ

などが多くあります。

これらのツボを組み合わせて刺激をし、症状を改善していきます。

次に、うつ伏せの鍼灸施術をしていきます。

多くの方が首、肩、腰の張りや痛みを抱えています。
もちろんその張りや痛みを和らげるという意味もありますが、それだけではありません。

背中には数多くのツボがあります。

ツボは張っていたり、冷たくなっていたり、熱くなっていたり、湿っていたり、
凹んでいたりと色々な状態のものがあります。
体に不調がなければ、背中のツボは上記のような状態にはなりません。
通常は、スムーズで凸凹はなく、温度も一定です。
理想は赤ちゃんの皮膚です。スムーズで温かいですよね。

しかし、自律神経が乱れると背中のツボが左右対象ではなくなったり、上記のような変化がでてきます。

例えば胃腸の調子が悪くなると脾兪というツボが凹んだり、少し冷たくなったりします。
イライラの強い方は肝兪というツボが張っていたり、少し熱くなっています。

当院ではこのようなツボの変化を見極め、適切に施術することで、
症状の緩和を目指します。

自律神経失調症でお悩みの方は、ぜひ当院へご来院ください。

施術を受ける前によくある質問

鍼は痛くないですか?

当院で使う鍼は直径0.12mm0.14mm0.16mmととても細いです。だいたい髪の毛と同じくらいの太さです。ですので鍼の痛みを感じることはほとんどありません。また、鍼を刺さない接触鍼も積極的に使用しています。

灸は火傷になりますか?

当院の灸治療で火傷になった方は一人もいません。当院の灸治療は熱くなく、心地の良い温かさを感じるくらいです。

どのような服装が良いのですか?

基本ゆったりとした服装、身体を締め付けない服装でお願いします。

以下のような服装は避けるようにしてください。

・スカートや丈の短いショートパンツ
・動きが制限されるようなタイトなパンツ
・香水や匂いの強い制汗剤

お着替えも用意しています。遠慮なくお尋ねください。

妊娠中でも鍼灸治療を受けられますか?

妊娠中の方もぜひご連絡ください。妊娠していることは治療を受ける前に必ず申告してください。

病院で鍼灸では治らないと言われましたが、効果はありますか?

当院では病院でよくならないと言われた方でも、よくなった症例がたくさんございます。すべてに対応できるわけではありませんが、一度ご相談ください。 →お問い合わせはこちら

料金について

初回 10,000(税込)

内訳

初回カウンセリング料 3,000(税込)+施術料 7,000(税込)

時間

初回はカウンセリング料と施術料を合わせて80分です。
時間は多少変動することがあります。

 

2回目以降 7,000(税込)

内訳

2回目以降は施術料7,000のみ

時間

問診と施術を合わせて45分です。

時間は多少変動することがあります。

 

コンサルテーション 4,000(税込)

内訳

コンサルテーション料4,000のみ

時間

電話、スカイプ、LINEによるコンサルテーション30分です。

時間は多少変動することがあります。

※お支払いは現金とカード支払いに対応しています。

予約の取り方

ご予約は、「お電話」・「オンライン予約」・「LINE」のいずれかで取ることができます。

お電話の場合

1

お電話での予約の様子予めお電話いただく日の、12週間先までの予定を確認しておいてください。その方が予約がスムーズです。お身体の状態等の質問をすることがあります。

2

お電話での予約の様子2お電話で予約の場合はこちら090−3549−8217におかけください。オンラインの場合はこちらをクリックして必要事項をご記入ください。RESERVA予約システムから予約する

 

3

お電話での予約の様子3「ホームページを見て予約の電話です」とお知らせください。予約がスムーズになります。

4

お電話での予約の様子3お電話の場合は、その場でご予約を確定いたします。

オンライン予約:こちらのフォームに必要事項を記入し、送信してください。

LINE予約の場合

スマホでご覧の方

▶ スマホで次の「QRコード」を読み込んで下さい。

LINE@QRコード

▶ LINEアプリが起動して、次の画像が表示されますので「Add」(追加)をクリックします。

LINE友達追加画面

▶ すぐに自動返信メッセージが届きますので、内容を入力しご返信ください。
※なお10分以内に次のメッセージが届かない場合には、お手数ですがお電話にてご連絡ください。

LINE友達追加後画面