過敏性腸症候群(IBS)

このようなお悩みはありませんか?

  • いつトイレに行きたくなるかわからないから常に不安だ
  • この症状が一生続くのではないか心配だ
  • 会社のプレゼンの時、きまってトイレに行きたくなる
  • 病院では問題ないと言われたけど、調子が悪くてしかたがない
  • 調子が悪い時は仕事が全く手につかない
  • 精神的に不安定になり、家族との衝突が絶えない
  • 病院でもらった薬が全く効かない
  • 食事に気をつけるようにと指導されたが、具体的にどうしていいかわからない

そのお悩み当院にお任せください!

病院や他の治療院で改善できなかった過敏性腸症候群(IBS)の根本原因を見つけ出します。

そして、その原因と脳に直接アプローチします。

長年悩まされた過敏性腸症候群(IBS)の症状から解放され、不安のない毎日を手に入れてください!

 

過敏性腸症候群(IBS)とは?

全世界の人口の約10%が過敏性腸症候群(IBS)であるといわれています。

日本では人口の14.2%とのことです。

 

腹痛、ガス、下腹部の張り、下痢、便秘もしくは下痢と便秘が交互に繰り返すといった症状がみられます。
 

症状がとても強い人からそれほど強くない人など、1人ひとりいろいろなパターンがあります。

50歳以下の女性に多いとされています。

患者数は男性より女性の方が2倍ほど多く、女性の方が過敏性腸症候群に悩んでいる人が多いといえます。

診断基準

過敏性腸症候群の診断基準としてRomeIV基準というのがあります。

それによると、

「繰り返す腹痛が最近3ヶ月の間に、平均少なくとも週に1日以上生じる。」

また、以下の3項目のうち2項目以上を伴うもので、少なくとも6カ月以上前から出現しているもの。

  • 排便に関連する(排便によって症状が緩和する)
  • 症状とともに排便の回数が増減する
  • 症状とともに便の形状の変化がある

以上の基準を満たすと過敏性腸症候群(IBS)と診断されます。

過敏性腸症候群(IBS)の症状

  • 下痢型:緊張や不安によってお腹が痛くなったり、下痢が生じます。
        会議・面談・試験・通勤・通学時に症状が出ることがあります。
  • 便秘型:ストレスを感じると腹痛を伴う便秘になります。
        排便があってもウサギの糞のように丸く硬いことが多く、残便感が残ります。
  • 混合型:下痢をしたり、便秘をしたりと便の状態が変化します。
  • 分類不能型

過敏性腸症候群(IBS)と関連した症状

  • 心配性
  • うつ症状
  • 疲労
  • 不眠、
  • 頭痛、
  • 動悸
  • ゲップ
  • 吐き気
  • 心臓の痛み

お気軽にご予約・お問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら
03-6273-2209
受付時間
11:00~19:00
診療日
月曜日、水曜日、木曜日、土曜日

お気軽にご予約・お問合せください

お電話でのご予約・お問合せ

03-6273-2209

フォームでのご予約・お問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/03/29
ホームページを公開しました

鍼灸師 かわなみこうき
(新宿漢方クリニック)

住所

〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-8
公衛ビル3階

アクセス

新宿御苑前駅から徒歩5分
コインパーキング有

受付時間

11:00~19:00

診療日

月曜日、水曜日、木曜日、
土曜日