(運営)新宿漢方クリニック:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-8 公衛ビル3階

受付時間
11:00~20:30
診療日
月曜日、火曜日、水曜日
木曜日、金曜日、土曜日

眼の奥の痛みはただの頭痛ではありません。

それは、あなたの体があなたに何かを伝えようとしているサインかもしれません。
東洋医学の視点から見ると、それは「肝」の不調が原因かもしれません。

この記事では、肝の役割、その不調が引き起こす眼の奥の頭痛、そしてそれを鍼灸を用いてどのように予防し、軽減するかについてお話しします。

健康な毎日を送るための知識を得て、あなたの体と心のバランスを整えましょう。

食後の疲労感、眠気…これらはただの満腹感だけが原因ではありません。

あなたが知らないだけで、「遅延型食物アレルギー」が潜んでいるかもしれません。

このアレルギーは、症状が数時間から数日後に現れるため、気づきにくいのが特徴です。

それでは、この遅延型食物アレルギーとは何なのでしょうか?
どのように予防すれば良いのでしょうか?

一緒に探求していきましょう。

ぎっくり腰に悩むあなたへ。

その原因と予防法を説明し、鍼灸がどのように腰の筋肉の緊張を和らげ、ぎっくり腰を抑える効果的な方法であるかを詳しく解説します。

あなたの腰痛を和らげ、健康な日々を取り戻すための助けとなることを願っています。

みなさんはデカフェを試したことはありますか?

 

デカフェコーヒーは、カフェインの含有量が特殊な方法で減らされたコーヒーのことを指します。

 

デカフェコーヒーのカフェイン含有量は、製品やブランドによりますが、一般的には元のカフェイン含有量の1%から10%が多いようです。

 

コーヒーを飲むと体調が悪くなる人、眠れなくなる人、でもコーヒーの味が好きな人にとてもおすすめです。

農薬の使用は、私たちの食料供給を安定させ、害虫や病気から作物を守る上で重要な役割を果たしています。

 

しかし、その安全性については多くの議論があります。

 

特に、農薬が人体、特に腸内環境に与える影響は、慢性疾患のリスクを高める可能性が指摘されています。

 

農薬が体調不良の原因になるということを知っていただければいいなと思います。

 

特に慢性的に不調で悩んでいる人は、「何を食べるか」というのはとても大事なことです。

 

・毎朝、目覚まし時計の音が遠くから聞こえ、ベッドから出るのが辛い。

・食事を終えると、まるで夜のように眠気が襲ってくる。

・夜、夢の世界があまりにもリアルで、目覚めたときには疲労感が残る。

 

これらの症状に悩んでいるあなた、その原因は「副腎疲労」かもしれません。

 

この記事では、副腎疲労とは何か、その症状や原因、そして改善方法について詳しく解説します。

 

リーキーガット症候群という名前を聞いたことはありますか?

 

リーキーガットとは、腸の透過性が異常に高まり、本来なら体内に入れてはいけない物質が血流に入る状態を指します

 

これにより、体はこれらの物質を外敵と認識し、炎症反応を引き起こすことがあります。

 

この炎症は、慢性疾患の原因や悪化要因となることが知られています。

 

リーキーガット(腸の透過性が異常に高まる状態)が体全体の健康、特に慢性的な症状にどのように影響を及ぼすか、そしてそれを防ぐための知識や対策について説明していきます。

皆さんは朝起きたとき、どんな飲み物から一日をスタートさせますか?

冷たい水、コーヒー、それとも何も飲まずに一日を始めるでしょうか。

 

実は、朝一番に体に入れる飲み物が、私たちの体と心に大きな影響を与えているのです。

 

この記事では、朝一番の白湯が自律神経にどのように作用するのか、その生理学的なメカニズムをわかりやすく解説します。

 

また、白湯を飲むことで得られる健康上の利点についても詳しくご紹介し皆さんが朝のルーティンに取り入れることの重要性をお伝えします

 

明日の朝は、新しい習慣を始めてみませんか?

 

一杯の白湯で、心も体もスッキリと目覚めさせ、活力あふれる一日を迎えましょう。

私の患者様でもヴィーガンやベジタリアンの方がたくさんいらっしゃいます。

基本的にはみなさんの選択を尊重しています。

 

ただ、長年その食事法をすることによって体調を崩す人もいます。

そういう人には動物性タンパク質を摂るようにすすめることがあります。

 

何年も動物性タンパク質を食べていなかった人が、急に食べると体調を崩すことがよくあります。

 

それはなぜでしょうか?

 

詳しく説明していきます。

生理痛は多くの女性が経験する症状であり、その原因は多岐にわたります。

 

東洋医学では、生理痛は体内のエネルギーの流れが滞ったり、血液の循環が悪くなったりすることで起こると考えられています。

 

以下に、東洋医学と栄養学の観点から生理痛の原因と対策について解説します。

慢性的な炎症は、多くの健康問題の根源となります。

 

この記事では、

 

「ビタミンCが炎症を抑える上でなぜ重要なのか」、そして

「ビタミンC不足が炎症にどのように影響するのか」を解説します。

 

さらに、

『鍼灸が炎症を抑制する助けとなる理由』と、

『効果的なツボ』

についてもご紹介します。

 

カッピングは古代から伝わる伝統的な治療法で、特に東洋医学で重宝されています。

当院でもカッピングを使って施術を行っています。

 

この治療法は、ガラスやプラスチック、竹などのカップを使って皮膚に吸引をかけることで、体内の気の流れを改善し、さまざまな不調を和らげることが期待されています。

お腹の張りは、単なる不快感ではなく、私たちの体が送る重要なサインです。

 

東洋医学では、この腹部の張りを通じて体の不調を読み解き、全体の健康状態を把握することができます。

 

今回は、腹部の張りの位置が示す可能性のある不調について、東洋医学的な視点からご紹介します。

頭痛は単なる不快な症状ではなく、体が発する重要なサインです。

 

東洋医学では頭痛は単に頭部の問題ではなく、体全体のバランスと深く関連していると考えられています。

頭痛は、体の他の部分、特に臓腑の不調と密接に関連しているとされています。

 

頭痛の位置が体のどの部分に不調があるかを示す手がかりとされています。

 

この記事では、頭痛の位置ごとの意味と、それに基づいた対処法を紹介します。

鍼施術は、特有の感覚である「得気」を通じて、私たちの体と心に働きかけます。

得気は「響き」とも言われます。

 

「ズキッとします」「ズーンと重い感じがします」「グーッとします」などいろいろな感覚があります。

 

この感覚は、鍼が皮膚を通じて体内の特定の点に到達したときに生じるもので、多くの人が治療の効果を実感する瞬間として報告しています。

 

では、この得気とは一体何なのでしょうか?

 

 

お腹の不調は、日常生活に大きな影響を与えます。

 

下痢、便秘、消化不良など、さまざまな症状がありますが、これらはすべて、私たちの体が正常に機能していないサインかもしれません。

 

この記事では、東洋医学の観点から、お腹の不調に対する自然療法としての生姜の使用について解説します。

 

最後に生姜を使ったお灸の話もありますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

日常生活で急にイライラしたり、キレてしまう経験は誰にでもあります。

 

しかし、これが頻繁に起こると、人間関係や仕事にも影響を及ぼす可能性があります。

 

この記事では、そんなイライラやキレる原因の一つである「低血糖」とその対策について解説します。

 

忙しい日々の中で、睡眠時間を削ることは珍しくありません。

 

しかし、その結果として炎症が慢性化し、体調不良を引き起こす可能性があることをご存知でしょうか。

 

本記事では、睡眠不足が炎症にどのように影響を及ぼし、それが私たちの健康にどのような影響を与えるのかを解説します。

 

また、炎症を抑制するための鍼灸についてもご紹介します。

喉が詰まった感覚は、何かを飲み込むときに喉に違和感があるという症状です。

 

この症状は、喉に異物が詰まっているわけではありませんが、そう感じることから「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれます。

 

梅核気は、古くから東洋医学で認められている症候で、気滞と湿のために起こるとされています。

 

気滞と湿とは何か、そして梅核気とストレスとの関係について、東洋医学の観点から解説します。

お気軽にご予約・お問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

『鍼灸師かわなみこうき』のホームページを
見たとお伝えください。
 
03-6273-2209
受付時間
11:00~20:30
診療日
月曜日、火曜日、水曜日
木曜日、金曜日、土曜日

お気軽にご予約・お問合せください

お電話でのご予約・お問合せ
『鍼灸師かわなみこうき』の
ホームページを
見たとお伝えください。

03-6273-2209

フォームでのご予約・お問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報

2024年5月14日

常に疲れているあなたへ:ストレスと体調不良の深い関連性

2024年5月8日

慢性症状から健康を守るための知識:リーキーガットとその影響

2024年5月7日

朝の白湯:自律神経を整え、健康的な一日をスタートする方法

2024年4月30日

ヴィーガン・ベジタリアンが肉を食べた時の体調変化:消化酵素の役割と対策

2023年4月27日

デスクワークとむくみ:東洋医学から見た原因と解消法

鍼灸師 かわなみこうき
(新宿漢方クリニック)

住所

〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-8
公衛ビル3階

アクセス

新宿御苑前駅から徒歩5分
コインパーキング有

受付時間

11:00~20:30

診療日

月曜日、火曜日、水曜日
木曜日、金曜日、土曜日